親知らずの生える位置

 親知らずは,歯科の専門用語で第3大臼歯と呼びます.3番目の大臼歯を意味しています.

 大臼歯とは,第1大臼歯が6歳頃乳歯の後ろから生えてきます.第2大臼歯は12歳頃に第1大臼歯の後ろから生えてきます.そして,第3大臼歯は18歳頃に第2大臼歯の後ろから生えてくるのです.

 第1,第2大臼歯は,まだ成長のある時期に生えてくるので,歯が生えると同時に,その歯が生えるスペースをつくるための顎骨の成長があります.しかし,第3大臼歯が生えるころは成長が終了している場合が殆どで,第3大臼歯が生えるすき間がありません.

 そのため,第3大臼歯は口の中にきちんと生えることが出来ズ,問題を引き起こす場合があるのです.

 親知らず(第3大臼歯)は,きちんと生えることが出来ず顎の骨に埋まっている場合があります.一部分がお口の中に見えている状態を「半埋伏(はんまいふく)」,お口の中に完全に埋まっている場合を「完全埋伏(かんぜんまいふく)」と呼びます.また,埋伏している親知らずがX線写真で他の歯に比べて横を向いた状態で埋伏していることを「水平埋伏(すいへいまいふく)」と呼びます.

 水平埋伏の親知らずは抜歯が難しく,抜歯後も腫れる可能性があるので専門の歯科医師による抜歯が必要なる場合が多くあります.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・