抜歯したほうが良い親知らず,良くない親知らず

 親知らずの抜歯するべきか否かの判断は,一概に言えません.

 なぜなら,親知らずと言えども大切な歯であることに変わりはないからです.

 現代人では,親知らずがもともと無い人が徐々に増えていますが,古代人には親知らずまできちんと生えている人がたくさんいたようです.

 一方で,きちんと生えることの出来ない親知らずは,噛み合わせを悪くしたり,回りの歯や歯肉に炎症を引き起こす原因となります.したがって,抜歯しなければならない親知らずを放置することで,周囲へ悪影響を広げてしまうことにもなります.

 また,親知らずは移植や矯正歯科による移動で,失ってしまった歯の代用とすることも可能です.

 親知らずの抜歯は,全体の噛み合わせや,親知らずだけでなく他の歯のむし歯の状況なども考慮して判断する必要があります.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・