矯正歯科による親知らずの移動

 矯正歯科治療では,顎の中に埋まっている親知らずを抜かずに移動させることが可能です.

 たとえば,親知らずの1本前の歯(第2大臼歯)が大きなむし歯になってしまい,抜かなくてはならないといったことがあるかもしれません.この際,第2大臼歯の後ろにある親知らずが健康な状態であれば,第2大臼歯を抜歯し,そのすき間に親知らずを移動してくることが可能です.

 しかし,親知らずを矯正歯科治療により移動させるためには短くても半年,症例によっては噛み合わせ全体の治療をしなくては,親知らずの移動は不可能という場合も少なくありません.

 もし,もともと噛み合わせに問題があり,親知らずや重度のむし歯で抜歯が必要という場合,矯正歯科に相談し,噛み合わせ全体の改善と親知らずの移動を含めた治療方法を検討すると良いと思います.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・