親知らずの痛くない抜歯方法:患者さんの準備

 親知らずの生え方は,完全にお口の中にはえている場合,半分だけお口の中にはえている場合(半埋伏),完全に顎の骨の中に埋まっている場合(完全埋伏)に分けられます.

 親知らずが顎の中に埋まっている量や,角度によって抜くときの痛みが異なります.一般的に親知らずが顎の骨の中に深く埋まっていればいるほど,抜歯は難しくなります.

 また親知らずが,半埋伏の状態でも親知らず周囲の歯肉が炎症を起こしていたり,親知らず自身がむし歯になり根っこの先に膿みを溜めていたりすると,抜歯後の治りが悪く痛みがでやすくなります.

 そこで,親知らずを抜歯する際には,自分の親知らずがどの様な状態にあって,抜歯後いたくなる可能性が高い親知らずなのか,抜歯前に抗生物質などを飲んで歯肉の炎症などを押さえてから抜歯したほうが良いかなどの説明を歯科医師から充分に受けてから治療を行うべきです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・