顎を動かす筋肉:開口筋(かいこうきん)

 下顎を下方に動かし,口を開ける動きをする筋肉を「開口筋(かいこうきん)」と呼びます.

 これは,咀嚼筋の内の一つ「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」と「舌骨上筋群(ぜっこつじょうきんぐん)」の役割です.

 外側翼突筋は,頭蓋底と下顎頭をつなぐ筋肉で,外側翼突筋が収縮することで下顎頭が前方に移動し,下顎が回転し,口が開きます.

 また,舌骨上筋群は首の前方にある舌骨と下顎骨をつなぐ筋肉で舌骨上筋群が収縮することで下顎が下方に引っ張られ,口が開きます.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・