顎を動かす筋肉:閉口筋(へいこうきん)

 顎を動かす筋肉「咀嚼筋(そしゃくきん)」には4種類の筋肉があります.

 顎関節症では,顎周囲の筋肉が痛くなりますが,その筋肉が咀嚼筋である場合が多くあります.

 この咀嚼筋のなかで,下顎を持ち上げ,口を閉じる動きをさせる筋肉を「閉口筋(へいこうきん)」と呼びます.

 閉口筋には,咀嚼筋の内の3種類の筋肉,すなわち「咬筋(こうきん)」「内側翼突筋(ないそくよくとつきん)」「側頭筋(そくとうきん)」があります.

 咀嚼筋の力で,固いものでも噛み砕くことが出来るのです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・