顎関節症の検査法

 顎関節症は,ほっておいても治る可能性のある疾患です.したがって,ほっておいても改善するかどうか,治療が必要かどうかを含めた検査が必要になります.

 顎関節症は,様々なタイプがあります.ひと言で顎関節症と言っても,症状に合わせて様々な検査が必要となります.

・問診:顎関節症ではもっとも重要な検査となります.症状はいつぐらいから始まっているのか?どの様なときに痛いのか,生活習慣など様々な内容をお聞きし,医師が分析します
・開口量測定:口の開く量を測定します.正常な方では,大きく口を開けていただいた状態で指を3本(大きめのお寿司など)が入ります.これより口が開く量が小さいと,顎関節の機能障害を疑います.
・かみ合わせの検査:バランスの良いかみ合わせの状態がたもたれているか,不適合の虫歯修復治療などが施されていないか検査します.
・顎関節部の画像検査:X線写真,CT,MRIなどにより,顎関節部の骨や関節円板,関節内の滲出液の有無などを検査します.
・関節腔内視鏡検査:顎関節内部に直接ファイバースコープカメラを挿入し,観察します
・筋電図検査:顎関節周囲の筋肉の活動状態を筋電計により計測します
・顎運動検査:顎の動きを専用の検査で記録,分析します

異常のように様々な検査がありますが,全ての検査を行うわけではありません.

問診など,負担の少ない診査から開始し,必要な検査を選択し行っていくのです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・