顎関節症の種類:関節円板の位置異常

 顎関節症でもっとも多いタイプが「関節円板の位置異常」です.

 関節円板がずれたことによって,口を開けたり閉じたりするたびに「コキコキ」とか「カクカク」という音がする顎関節症です.患者さんが顎関節症だと心配される症状の7割が,このタイプという報告もあります.

 原因は,下顎窩と下顎頭の間にある関節円板の位置がズレたためです.

 しかし,関節円板がズレても口を開けづらくなったり,痛みなどを感じない人も多くいます.

 このように,顎関節に音が生じると「顎が外れた」と感じる方もいらっしゃいますが,顎関節が脱臼したわけではありません.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・