顎関節症の原因:原因は一つではありません

 以前は,顎関節症の原因をかみ合わせが全ての原因と考えられていました.すなわち,かみ合わせが悪ければ顎関節症になるし,かみ合わせを治せば顎関節症は治ると考えられていたのです.

 しかし,医学の進歩に従い顎関節症の原因は一つではないということがわかってきました.すなわち,かみ合わせの異常は顎関節症の原因の一つではあるものの,その他にも原因があると考えられる様になったのです.

 顎関節症とは,様々な原因と患者さんの体質,性格,育ってきた環境などが複雑に関連して発症する疾患だということがわかってきたのです.

 このことから,顎関節症を改善するためには,まずはじめに患者さんが顎関節症の原因と考えられる因子をどれだけ持っているかを調べることが非常に重要になりました.そして,その原因に対して一つ一つ対応し,顎関節症の原因を減らしていくことが重要であると考えられる様になりました.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・