歯周病により噛み合わせが悪くなる

 歯は,歯肉の下にある歯槽骨という部分に歯根が埋まっていることで安定しています.

 しかし,日常の歯磨きが不充分であったり,歯科医師や衛生士による定期的な管理を受けていないと歯石や歯垢により歯周病となってしまいます.

 歯周病では,歯を支えている歯槽骨が吸収し痩せていきます.その結果,歯根はだんだん露出し歯がグラグラしてきます.その結果,ものを噛むときにに加わる大きな力(体重の2〜3倍)に耐えられなくなり,歯が移動してしまいます.

 その結果,本来のバランスが崩れ噛み合わせに異常が発生するのです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・