歯槽性の異常により噛み合わせが悪くなる

 噛み合わせは,上下顎骨の位置関係により大きな影響を受けます.しかし,上下顎骨の位置関係に問題がなくても噛み合わせの異常が起きる場合があります.

 これは,上下の顎骨とそれぞれの顎骨における歯の関係に問題があり,歯がきちんと生えない場合などです.特に多くみられる症例は,八重歯などの「叢生(そうせい)」といわれる噛み合わせの異常です.叢生は,顎のサイズに対して歯が大きすぎることで生まれる噛み合わせの異常です.

 このように,顎骨内における歯の異常による噛み合わせの異常を,歯槽性の異常による噛み合わせの異常と呼びます.

 歯槽性の異常は,骨格性の異常と合わせておきている場合もあります.歯槽性の異常,骨格性の異常ともに歯科矯正治療によって改善することが可能です.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・