骨格性の異常により噛み合わせが悪くなる

 噛み合わせは,上顎の歯列,下顎の歯列がきちんと噛みあうことで理想的な噛み合わせとなります.上顎,下顎それぞれの歯列は,上顎骨,下顎骨に生えています.つまり,歯列の土台が上顎骨,下顎骨となります.

 この上下顎骨の位置関係が,前後的,水平的(左右のズレ),垂直的(上下のズレ)がある場合,歯列の位置関係にも狂いが生じるため,噛み合わせにも異常を認めます.

 このように,上下顎骨という顔面骨格の異常から噛み合わせに異常をきたす場合を,骨格性の異常による噛み合わせの異常と呼びます.

 軽度の骨格性の異常であれば通常の矯正歯科治療で治すことが可能ですが,重度の異常を認める場合,外科矯正などの対応が必要となってきます.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・