噛めないことが老化を促進する

 現代人の食生活は,昔に比べて噛まなくても食べられるものが増えています.弥生時代の食生活に比べて,現代人の食生活では,食事に対する噛む回数は1/6〜1/7になってしまったと考えられています.

 現代人は,弥生時代の古代人に比べて,顎が細くなり,かみ合わせが悪くなってきていると考えられています.しかし,現代の食生活はかみ合わせが悪くても食べられるものが増えていることで,かみ合わせの悪さや噛みにくさを気にする人が少ないのです.

 たとえ,現代人の食生活でも,食事の際によく噛んで食べることで,食事をおいしく感じたり,消化や吸収を活発にしてくれるのです.

 よく噛むために,よく噛めるかみ合わせを手に入れる必要があります.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・