理想的なかみ合わせで脳も鍛える

 ものを咬むときに,噛むための筋肉(咀嚼筋)が活発に活動します.この咀嚼筋の活発な活動は,脳の細胞活性を司る脳栄養因子が増加すると考えられています.実際に岐阜大学の研究では,ヒトにチューインガム噛ませて記憶テストを行ったところ,噛むことが脳の活性化に関わることが確認できました.

 また,イチロー選手や松井選手の活躍するアメリカのメジャーベースボールリーグでは,ガムを噛みながらプレーする選手の光景を目にします.これは,ラットを用いた科学的な実験により,噛むことによってストレスを減少させることがわかったためです.
 メジャー選手は,噛むことによってストレスを減少させ,集中力をますためにガムを噛んでいるのです.

 その他に,噛むことで感性や思考,意思といった人間らしさを司る脳の活動を活発にさせたり,痴呆を抑制する効果も確認されています.

 このように,噛むということは食事をするためだけでなく,脳を活発に活動させより快適に生きていくために非常に重要な活動だと言えるでしょう.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・