理想的な顎の動き

 顎関節は,下顎骨からなる下顎頭と,その下顎頭の受け皿となる下顎窩(かがくか)からなります.耳の穴の前にある蝶番の様な関節です.

 しかし,本当の蝶番の様に回転運動をするだけでなく,下顎頭は前方に移動しながら回転します.そのため,大きな口を開けることが可能となるのです.

 また,下顎骨は前後的な動きだけでなく側方への運動(内側外側への運動)も行います.

 このような動きをスムーズに行える状態が,理想的な顎関節の状態です.

 かみ合わせが悪くなると,顎関節周囲の筋肉に疲労がたまり,このような動きを阻害する場合があります.すると,顎関節部に痛みが出たり,口が開きづらくなることがあるのです.

 理想的な顎の動きとは,下顎頭が前後及び側方にスムーズに動く事です.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・